2022年07月21日

犬の能力って凄いんです!!





メモお知らせ


ひらめき当スクールではインスタグラムや
フェイスブック、ツイッターも
投稿しております!ぴかぴか(新しい)
毎日のスクールの様子などを
ブログとは違った目線で載せております
是非フォローして楽しんで下さいいい気分(温泉)


ひらめき「見習い訓練士」を募集致します。
ご希望の方は
先ず面接と実習を行って頂きます。
他の訓練所などで上手く
いかなかった方なども再度
チャレンジして頂ければと思っております。
(要普免・AT限定可)
お気軽にご連絡下さい。


ひらめきスクールへの見学や
カウンセリングをご希望の方は必ず
お電話かメールにてご予約をして
頂いた上でご来所下さい。
限られた短い時間の中で
トレーニングをしておりますので、
手を離せない場合も多くございます。
お客様一人一人に
気持ちの良い対応を
心掛けておりますので
ご協力のほど宜しくお願い致しますふらふらあせあせ(飛び散る汗)



こんにちは、河原崎です!


今回のブログ記事は
普段何となく知ってはいるけど
実際どのくらい凄いの?と言う
犬のスーパー能力について
ご紹介します^^


当の私も
犬の見え方は
色味がないみたいだね
鼻は凄くいいよね程度の
知識しかありませんあせあせ(飛び散る汗)

それを最近専門誌で
細かく知れる機会が
あったので是非!と
記事にさせて頂きました!


まず最初は
「視覚」目



9DBEF091-301A-479C-BD8C-41D2A818AE3D.jpeg



シベリアンハスキーの
ロキちゃんの美しい
オッドアイ
両目の色が違う事を
オッドアイと呼びます
(猫ちゃんも然り)



犬はやはり「色」の
識別能力が低いのだそう。
世の中を青、緑、黄で
見ており殆どは灰色でしか
見えてないとは言われてますね!
その分暗いところでは人より
よく見えているとの事。

私個人が驚いたのは
犬の目は近くのものに
焦点を合わせるのが苦手と
言うこと!
そして静止しているものも
上手く認識出来ないのだとか!
ボールを上手くキャッチしたり
鼻の上のおやつを上手に
キャッチして食べる子もいますよねひらめき
なのでこの情報は
びっくりしました!

その反面
視野は人より広く
動体視力も優れているのは
納得しますひらめき
遠くを見るのも
優れていると言うことは
近視…?




次に「聴覚」です



73EFA0B8-48D7-4B1B-8501-4B32C3452F8A.jpeg


左から
ジャーマンシェパードの
ディーノくん
ウェルシュコーギー
ペンブロークのこぎおくん
ラブラドールレトリーバーの
うららちゃん
ジャーマンシェパードの
サバンナくん


うららちゃんは
垂れ耳だけど
聞こえは同じです!
立ち耳の子達は
みんな耳がぴーん!!(笑)


人の可聴域が
16〜2万ヘルツに対して
犬の可聴域は65〜5万ヘルツ
なのだそう!
ピンとこない程
人より犬のが遥かに色々な音を
聞き取れているんですね耳

耳が左右に動くのは
進化の名残で
獲物や敵が発する
小さな音を集めて居場所を
突き止める為だと考えられています。

そして高齢になると
人が高音を聞き取りにくいのに対し
犬は高い音も聞こえはしている様です。


例えば近くでドラえもんに
出てくるジャイアンが歌っても
他の音も聞き取れている事に
なりますよね!!
恐るべし犬の聴覚ぴかぴか(新しい)




そして「嗅覚」犬



6771F9CB-E32D-4140-AA03-652ED2900D4D.jpeg



フレンチブルドッグの
リアンちゃん

鼻が短く奥まった
タイプの犬種でも
嗅覚の能力は
同じなんですよ^^


犬の五感の中で
最も優れているのが
その嗅覚です!

ニオイ分子は鼻の奥にある
皮膚から更に奥にある嗅細胞を
通して脳に伝わるそうですが
犬の場合その奥の皮膚や細胞が
人の40〜50倍もあるそうです!!

1度嗅いだニオイの情報を
記憶して
嗅ぎ分ける能力が高く
特に人間の体臭主成分の
酢酸、イソ吉草酸、アンモニア臭を
嗅ぎ分ける力はとても優れています。

なのでこうした能力を活かし
警察犬や麻薬探知犬等の
ワンちゃんが活躍しているのですね!


最後は「運動能力」についてです足



FCB7B68E-ECE3-4788-AA60-57DC3A08CB8D.jpeg



ディーノくんのこの
ジャンプ力凄いですね!
筋肉が美しいです!


犬は一晩中でも走り続けられる
「持久力」
高くジャンプできる
「瞬発力」
の両方を備えています。

これは
@体の大きさと比較して
心臓が大きく
効率よく全身に酸素供給出来る

A持久力のある筋肉(遅筋)と
瞬発力のある筋肉(速筋)が
バランスよくついている

B鎖骨がない為安定して走れる

C人の指にあたる部分だけで
歩く「指行性」で素早く機敏に
動ける

などの特徴を持っているからです。
なので犬にとって沢山走る事は
普通の事との事!


鎖骨が無い(!)事や
指先で走る事
心臓が大きいなど
意外な事だらけですよね!!


犬がいくら走り回っても
息切れしているようで
実はまだまだ走れると
言うのが凄いなと感じます!


因みに余談ですが
オオカミから犬が派生したと
言われていますが
実は元々オオカミと犬は別の
生き物であるなど
諸説言われていますね目


オオカミにと遺伝子レベルで
1番近いのは
実はシベリアンハスキーではなく
柴犬やプードル(!)なんて説も
あります!


掘り起こすと興味深い
情報が沢山知られて
面白いですよね^^


今回のテーマを
楽しんで読んで
頂けていたら幸いですぴかぴか(新しい)


それではまた次回の
ブログをお楽しみに…犬揺れるハート























posted by united at 14:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: