2017年06月11日

「慣らす」と言うこと



かわいいお知らせかわいい


2017夏期休暇のお知らせ

7/2(日)〜7/8(土)を夏期休暇とさせて
頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが
宜しくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さん、こんにちはグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

本日は少しタメになる話ぴかぴか(新しい)



この仕事をしていてカウンセリングなど
初めてのお客さまからよく耳にするのが
「ならす」という単語犬猫

もちろん私自身も説明で
よく使う単語ですかわいい

「ならす」と言うと「慣らす」と
「馴らす」がありますが、たぶん…
「慣らす」コッチだと思います目目


今回はそんな「慣らす」と言う
ことについて、皆さまに理解を
深めて頂こうと思い立った次第でするんるん

要するに、皆さまの口から出る
「慣らす」という行為がほぼ間違って
いるからです……exclamation&question


皆さまが考える「慣らす」と言うのは、
「うちの子は犬が苦手だから馴らす
為にドッグランに行くんです」とか
「うちの子は動物病院の診察が苦手
だから診察以外でも顔を出して遊びに
行くんです」とこの様なことを
仰る方が非常に多いのですふらふら耳たらーっ(汗)

この文面どおり「ただ行くだけ」では
上記の苦手なことに慣らすことには
殆ど繋がらないのですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

それでは、どのようにしたら
「慣らす」と言うことになるのかexclamation&question


それは、その「苦手なことを我慢して
褒めてもらう」という内容が無いと
全くと言ってよいほど無意味なのですひらめき


ですから、「苦手なことを我慢する」
→「飼い主さまに褒めてもらう」→「
さらに苦手なことを我慢する」→「よく
飼い主さまに褒めてもらう」→「もっと
苦手なことを我慢する」→「すごく
飼い主さまに褒めてもらう」と「我慢して
褒めてもらう」を何度も何度も繰り返す、
何度も何度も積み重ねることが、私たち
訓練士の言う「慣らす」なのです演劇演劇

犬に対してギャンギャン吠えて
しまう子も「ちゃんと我慢させて
吠えさせない」→「よく我慢したね」
と褒める揺れるハート
この繰り返しで少しずつ慣れていくのです

犬のいる環境に連れて来て、
結果的に吠えさせたままでは
実るものはありませんバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


ガマンを積み重ねて褒めることモバQ
ここがとても重要で飼い主さまが
しっかりと理解してトレーニングを
進めていかないと、「慣らす」
つもりが「悪化」させてしまう
ことも充分に考えられるのですふらふらあせあせ(飛び散る汗)


と言う……今日は少しタメになる
お話しでした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
もし、分からない場合は私か
しのぶ先生に遠慮なく聞いて
くださいねいい気分(温泉)いい気分(温泉)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

少し番外編………

最近、気温も高くなり夏日予報も
チラホラと晴れ

夏も近づくので
「いや〜、痩せなきゃな〜」と
減量の決意表明をするも少しずつ
しか落ちずじれったいパンチむかっ(怒り)

独立したての頃はだいぶ締まって
いたよな〜…と。
パソコンの中の画像を調べていたら
出てきましたダッシュ(走り出すさま)

格闘技をやっていると背筋が
発達してきて大胸筋と相まって
身体が分厚くなるんですカメラ

「あ〜、こんなに締まって
いたのか……見た目だけの筋肉と
違って戦う為の筋肉は美しい……」と
遠い目をしてしまいますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

RIMG0143 - コピー.JPG

RIMG0149 - コピー.JPG

ダラスと川遊び中リゾート


当時は仕事も暇でジムに入り浸って
いて、毎日練習でスパーリングと
暇すぎて不安になる気持ちを
運動をして紛らわせておりました(笑)

そうすると自然と身体は引き締まって
くるもんですねたらーっ(汗)

プロライセンスを取るためには
先ずはアマチュア戦をこなさなくては
なりませんあせあせ(飛び散る汗)

それはもう、アザを作りまくって
練習です……

(身体を壊していたら何の意味も
ありません。それを理解出来ない
くらい暇すぎて頭がどうにか
なっていたのですね……)

ですから当時はもう、戦うヒマヒマ
訓練士……と化しておりました(笑)

でも、程なくして仕事も急激に
忙しくなり普通の訓練士に
戻りましたるんるん

めでたし、めでたし

あ〜、でも痩せなくてはいけませんね〜

【夫の少しタメになる話。タメらっちゃイヤよ。の最新記事】
この記事へのコメント
こんにちは
記事、参考になりました。

自分のやっていることを振り返ってみると・・・
散歩中などに

問題行動→叱る→一応とまる→出来て当たり前だろ!みたいな軽い褒め言葉

というパターンか、
ワンコさんが落ち着いてる時に

コマンド→従う→ちゃんと褒める

のどちらかになっていて、
それが家の中ではいろいろ出来るのに外では・・・
につながってしまった気がします。
この記事を読ませていただいてから、
散歩中などでも何かがちゃんとできた時は、

言葉だけでなく、立ち止まってしっかり撫でて褒める

と、やるようにしてみました。
まだ効果は???ですが、しばらくがんばってみます。
Posted by 陽パパ at 2017年06月22日 10:59
陽パパさん
「犬を褒める」というのは
どの本にも書いてあることですが
実際にはなかなか「しっかり褒められている」オーナーさんはとっても少ないです。
オヤツやオモチャで代用してしまったり
(オヤツやオモチャを使ってはいけないわけではありません。でも、犬にとって一番のご褒美はそれらではなく「人に褒められる」ことであってほしいのです)
褒めてるつもりでも犬はそっぽ向いてたり…
悪いところはすぐ目につくので叱ることは増えますが、褒めるべきところは見逃してしまいがちなんですよね。
Posted by UNITED at 2017年06月23日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: