2018年04月01日

オーナーレッスンの重要性




かわいいosirase
お知らせかわいい

5月20日(日)
御殿場の足柄COCOさんにて
ドッグスクールユナイテッド お楽しみ会をやりますグッド(上向き矢印)

詳細はもう少々お待ちくださいねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)







こんにちは晴れ


今日はオーナーレッスンの様子です犬

トレーニングコースで
オーナーレッスンで
通ってくださっているお客様は勿論ですが
出張トレーニングのワンちゃんたちも
トレーニングの進み具合を見ながら
定期的にオーナーレッスンを受けて頂いておりますひらめき


CIMG6369.JPG


トイプードルのマリンちゃん。
しっかりオーナーさんに意識を向け
アイコンタクトが取れています目


CIMG6370.JPG


苦手だったフセも出来るようになりました。

マリンちゃんは
ご自宅で来客時の吠えなどが気になるところ。
それはただ単に「叱って直す」のではなく
「オーナーさんのコマンドに耳を傾ける」という所から
教えていかないといけません。

なぜなら
今現在の状態だと
「吠えたら叱られる」ということ
そのものが正確に理解できていない、
もしくは
「叱られても気にしない」という感覚だからです。

まずは冷静な状態で
「スワレ」や「フセ」などの簡単なコマンドを
出来るようにしていくことが
無駄吠えを止める第一歩です。


CIMG6376.JPG


伏せて待つ。

甘えてごまかしていた時期もありますが
根気よく繰り返し教えることで出来るようになりましたグッド(上向き矢印)
マリンちゃん、もう一歩るんるんるんるん



CIMG6277.JPG


こちらは柴のまめちゃん。

オサンポ中に固まってしまうことがある、
ということで
オサンポトレーニングの見直しです足

この日はとっても良く出来ていて
修正ポイントはほとんど無かったのですが
まめのなかで
「今日はせんせいがいるから、ちゃんとやらないとexclamation
という気持ちがあったのかもしれません(笑)

それは逆に言えば
オーナーさんへの「甘え」でもあります。

私個人の考えとしては
普段のオサンポからずっときっちり真横について
アイコンタクトとって歩かないとダメパンチ
とは思っていません。
ただ、要所要所、コマンドを掛けた時には
きちんとそのコマンドが出来るようになればいいなと思います。


CIMG6291.JPG


オサンポ中の、気分転換ぴかぴか(新しい)
こんな楽しみがあってもいいよね手(チョキ)



CIMG5824.JPG


こちらも頑張っています。
ダックスの小麦ちゃんです。

CIMG5804.JPG


とってもいい顔で歩いています。

小麦ちゃん、オーナーレッスンのあと
ご自宅で繰り返し復習をしてもらっているのですが
練習をしようとするととっても喜ぶのだそうです。

それは多分、練習をして
上手に出来るとオーナーさんがたくさん褒めてくれる
からではないでしょうか?

ワンちゃんて
おうちにお迎えした時は何をやっても可愛くて
おトイレが上手に出来たら褒めて
はじめてオスワリが出来た時にも褒めて
ごはんの前に、ほんのすこしマテができたら褒めて・・・

褒める機会がたくさんあったと思うのです。

でも、だんだん成長してきて
トイレができるのも
スワレもマテもいつものリズム・・・
出来て当たり前・・・

けれど今度は
無駄吠えだったり、いたずらだったり
叱る機会ばかり増えてしまって
褒める機会が減ってませんか?

「ご褒美はおやつ」ではなく
ちゃんと体を触って「いいこだね」って
言ってあげることありますか?

褒められることにワンちゃんが喜ぶ
そんな意思疎通が出来てますか?

オトナになっても
褒めることをしてあげてほしいのです。
褒められる喜びをワンちゃんに思い出させてあげてほしいのです。

トレーニングで大事なのは
メリハリです。
褒めて甘やかすだけじゃだめ。
でも叱ってばかりでもだめ。


オーナーレッスンでは
各々のワンちゃんに合った
「メリハリ具合」をご指導させていただいております。

とっても大事なトレーニングですので
是非お時間をとっていただき
オーナーレッスンやってみてくださいねぴかぴか(新しい)
























posted by united at 09:42| Comment(0) | 日記